貯蓄から投資へ 資産を殖やすには投資しかない!

投資
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

今回は「貯蓄から投資へ」ということでやっていきます。

資産を殖やすには投資しかない!

今の日本では、預貯金だけでは資産を殖やすことができなくっています。

以下の3つの点から、今回のテーマを見ていきます。

  • 日本の金融資産の現状
  • 預貯金だけでは資産は殖えない理由
  • これからの投資は欠かせない

それぞれ解説していきます。

日本の金融資産の現状

2019年8月28日に日本銀行調査統計局が調べた「家計の金融資産構成」によると

日本の家計金融資産は約1,835兆円です。

現金・貯金53.3%、債権1.3%、投資信託3.9%、株式等10.0%、保険・年金等28.6%

と現金・預金が高い割合を占めています。

米国は約88.9兆ドル(9,855兆円)に対して

現金・貯金12.9%、債権6.5%、投資信託12.0%、株式等34.3%、保険・年金等31.7%

となっています。

日本人の金融資産が貯金に偏っているのがわかります。

出典:日本銀行調査統計局
にっこー
にっこー

日本人が貯金大好きで、投資嫌いなのがわかりますね!

「貯金があるなら大丈夫じゃないの?」って思う方もいると思うます。

次に、「預貯金だけでは資産が殖えない理由」を解説していきます

預貯金だけでは資産が殖えない理由

日本は現在、金利が1%にも満たない状況になっています。

1990年の、銀行の定期預金の金利は約6%と高金利でした。

100万円預けておけば、1年間で約6万円の利子がつきました。

これだけの高金利ならば、お金を預けておくだけで殖えていきます。

なので、わざわざ投資をしてリスクを冒す必要はありませんでした。

しかし、現在は金利が1%にも満たない状況です。

これでは預貯金だけでは資産を殖やすことができません。

理由はそれだけではない…

それだけではなく

日本銀行が2013年に「2%のインフレ目標」を設定しています。

2%のインフレによって物価が上昇すれば、お金の価値が下がることになります。

預貯金の金利では、インフレに負けてしまいます。

にっこー
にっこー

昔は100円で買えたものが、今120円になっている、なんて経験ないですか?

少しずつですが、インフレは進行していると考えるべきです。

ここまでの「日本の金融資産の現状」と「預貯金だけでは資産が殖えない理由」から

次に、「これからの投資は欠かせない」を解説していきます。

これからの投資は欠かせない

これからは資産を預ける時代から、運用する時代になっていきます。

国がそのように考えているからです。

たとえば、NISA、つみたてNISA、iDeCo(個人型確定拠出型年金制度)が始まったことからも明らかです。

自分で運用して増やす努力をしていかなければ、老後資産が枯渇してしまいます。

そこで「投資信託」が有益で取り組みやすい資産運用です。

初めての投資につみたてNISAiDeCo(個人型確定拠出型年金制度)を活用することがおすすめです。

自分で資産を守り増やすためにも、投資を検討してください。

まとめ

資産を殖やすには投資しかない!

資産を殖やすには投資しかない理由

  • 日本人は金融資産が貯金に偏っていて、低金利の現在では預貯金だけでは資産が殖えない。
  • 預貯金の金利では、インフレの進行に負ける
  • 預ける時代から、運用する時代になっていく
にっこー
にっこー

今回は「貯蓄から投資へ」ということでやっていきました。

これからの時代、投資は資産形成に欠かせないものになります。

国が投資を後押しする制度を始めていることから明らかです。

自分の身を守るためにも、投資を検討してみてください!

今日もありがとうございました!

投資
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント