投資初心者におすすめ!投資信託を選ぶコツ【信託報酬】

投資
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

今回は「信託報酬」についてやっていきます。

信託報酬ってなんだ…

信託報酬はいくらくらいがいいの?

という方の参考になります。

信託報酬とは

信託報酬とは

投資信託の購入後にかかるコストのことです。

投資信託を運用している間、ずっとかかります。

長期で運用すると、これは大きなコストになっていきます。

信託報酬の考え方を解説していきます。

信託報酬の考え方

信託報酬の考え方は以下の通りです。

  • 信託報酬の低いものにする
  • 信託報酬の引き下げをしているものをチェックする

それぞれ簡単に解説していきます。

信託報酬の低いものにする

極力、信託報酬の低いファンドを選びましょう。

信託報酬は、運用中の資産から自動的に差し引かれていきます。

その金額はファンドによって異なるので、目論見書を確認しましょう。

インデックス・ファンドなら0.2%前後で優良ファンドがあります。

例えば

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンドが0.162%
  • eMAXSSlim全米株式(S&P500)が0.0968%

と信託報酬の低いファンドがあります。

にっこー
にっこー

信託報酬だけで、ファンドを選ぶわけではありませんが

コストは低ければ、低いほどいいです。

信託報酬の引き下げをしているものをチェックする

運用成績がよく、純資産額が増加しているファンドの中には毎年、信託報酬を引き下げているものもあります。

長期運用では、信託報酬の数%が大きな運用益の差になります。

コストを下げるためにも運用方針を理解し、信託報酬の引き下げに前向きなファンド選びをしましょう。

にっこー
にっこー

eMAXSSlimシリーズなど、業界最低水準の信託報酬を目指しているファンドもあります。

最近は、信託報酬の引き下げが相次いでいますし、ネットで情報も手に入れやすくなっています。

なぜ信託報酬を気にするのか…

信託報酬の差が運用に影響するからです。

例えば

100万円を年率5%の利回りのファンドで運用した場合

信託報酬5年後10年後20年後
0.5%124.6万円155.3万円241.2万円
1.0%121.7万円148.0万円219.1万円

0.5%違うだけで、20年後には22.1万円の差がでます。

にっこー
にっこー

投資信託での資産運用は、長期で積立ていくのが前提です。

なので、大きなコストになる信託報酬が低い方がいいのです。

まとめ

信託報酬の考え方

信託報酬の考え方は以下の通りです。

  • 信託報酬の低いものにする
  • 信託報酬の引き下げをしているものをチェックする
にっこー
にっこー

今回は「信託報酬」についてやっていきました。

信託報酬は、投資する上で重要なことなので、しっかり目論見書を読んで確認しましょう!

参考になったら嬉しいです。

今日もありがとうございました!

投資
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント