Google Adsense審査通過までにしたこと

ブログ
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

今回は「Google Adsense審査通過までにしたこと」についてやっていきます.

ブログを始めて約2か月で審査通過しました。

それまでにやってきたことを書いていきます。

Google Adsense審査通過までにしたこと

Google Adsenseとは

Googleが提供するサイト運営向けの広告配信サービスです。

サイトの内容にあった広告を自動的に配信したり訪問者の興味、関心と連動する広告を配信してくれます。

にっこー
にっこー

ブログなどで収益を得る手段のひとつになります。

審査通過までにしたこと

  • 毎日投稿する
  • 本文1,000文字以上書く
  • 見やすいブログになるように工夫する
  • 読者のためになる記事を考える
  • プライバシーポリシーを設置する
にっこー
にっこー

順番に解説していきます!

毎日投稿する

毎日投稿をしていきました。

これが審査通過の基準ではないと思いますが、ある程度の記事数が必要だと考えられます。

20投稿、40投稿、60投稿で審査をしていき、60投稿目で審査通過しました。

このことから僕のブログでは、Googleが認める有益な情報を60投稿目でクリアしたことになります。

もちろん最短で有益な情報を投稿できれば、もっと早く審査通過できるはずです。

ただどのような情報が有益だと認識される不明なので、毎日投稿することが良いでしょう。

にっこー
にっこー

僕のような初心者がいい記事を書くのは難しいことです。

なので、毎日やっていくことで自分を成長させて、いい記事を書けるようになるのが必要だと思います!

まだまだ僕も駆け出しですけど、最初の方の投稿と比べると成長を感じれます(笑)

本文1,000文字以上書く

全ての投稿で本文1,000文字以上書くことをしていきました。

これは努力するしかありません。

ネタ探しの際に自分が文章を書くのに困らないものを考える。

内容が薄くなってしまうようなものはやめましょう。

にっこー
にっこー

ネットで調べると2,000文字以上とか色々書いてありますが、1,000文字程度で審査通過することが出来ました!

僕の投稿で2,000文字を超えている投稿はあまりありません(笑)

調子がいい時は3,000文字以上書いているときもありますが、少ないです。

見やすいブログになるように工夫する

他のブログを参考に見やすいブログになるように工夫をしていきました。

人気ブログや自分が読んでいるブログを参考にどうしたら読みやすくなるかを考えました。

見出し、本文の書き出し方、リンクの位置、広告位置など参考になるところはいっぱいあります。

初心者が自分で全て考えてやるのは難しいです。

にっこー
にっこー

最初の方は自分のイメージで書いていました。

僕の読んでいるブログと構成が違うよな…と思い、書き方を参考にしていきました。

要はマネしたということです(笑)そしたら読みやすくなるものです(笑)

読者のためになる記事を考える

自分の伝えたいことを読者のことを考えて書くようにしました。

ただ書くだけではなく、読んでくれる人たちのことを考えましょう。

どういう人の為に書いているのか、どう書けばわかりやすいのか…色々です。

にっこー
にっこー

読者を想像して書くようになりました!

最初はなかなか難しいと思います。

僕は続けていくうちにそのように考えながらできるようになってきました。

プライバシーポリシーを設置する

プライバシーポリシーを設置しました。

これは間違いなくやらないといけません。

最初の審査時は設置していませんでした。

改善内容にもプライバシーポリシーを設置してください。と書いてあったので、間違いないでしょう。

僕のブログのプライバシーポリシーは、下記のところに書いてあるので参考にしてみてください。

にっこー
にっこー

僕は自分で全て考えて書くことはできなかったので、他の人のもを参考にして書きました!

プライバシーポリシーを初心者が全部かけたらすごいと思います…

まとめ

Google Adsense審査通過までにしたこと

  • 毎日投稿する
  • 本文1,000文字以上書く
  • 見やすいブログになるように工夫する
  • 読者のためになる記事を考える
  • プライバシーポリシーを設置する
にっこー
にっこー

僕が実際にやってきたことなので、これが審査通過に関係があるのかはわかりません。

僕と同じような初心者の方の参考になれば良いです!

「継続は力なり」、「凡事徹底」で一緒に頑張っていきましょう!

今日もありがとうございました!

コメント