本当に健康に良い食品 「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」

書籍
こんな方におすすめの記事

①健康に良い食べ物を知りたい

②「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」が気になっている

にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」をご存じでしょうか?

2018年に出版された本で、エビデンス(科学的根拠)にもとづいた

  • 勘違いしがちな健康常識
  • 体に良い食べ物
  • 体に悪い食べ物

を学ぶことができます。

にっこー
にっこー

医療関係者も太鼓判を押している書籍です!

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事[本/雑誌] / 津川友介/著

は「結局、何が体に良いのか」答えてくれる書籍です。

今回は、本に書いてある「本当に健康に良い食品」を紹介していきます。

▼ご紹介する書籍「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」

本当に健康に良い食品

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」に書いてある本当に健康に良い食品は以下のとおりです。

  1. 野菜と果物
  2. 茶色い炭水化物
  3. オリーブオイルとナッツ類
にっこー
にっこー

それぞれ簡単に解説していきます!

魚の摂取量が多い人ほど死亡するリスクが低い。

魚の摂取は心筋梗塞のリスクを下げる。

1日85g~170gの魚を摂取すると、ほどんど魚を食べない人と比べ、心筋梗塞による死亡リスクをを36%低下することがわかっています。

魚の摂取はがんになるリスクを下げる。

オメガ脂肪酸を1日0.1g摂取すると乳がんになるリスクを5%下げられると報告されている。他にも大腸がん、肺がんのリスクを下げることも報告されている。

にっこー
にっこー

少量でも良いので毎週コツコツと魚を食べるといいようです!

野菜と果物

野菜と果物は心筋梗塞や脳卒中のリスクを減らす。

1日の果物の摂取量が1単位(バナナ半分、リンゴ小玉1つ)増えると死亡率が6%、

1日の野菜の摂取量が1単位(小皿1杯)増えると死亡率が5%減るとされている。

まだまだ研究途中なところもあるようですが、心筋梗塞や脳卒中の予防できると考えられています。

にっこー
にっこー

野菜ジュースとかフルーツジュースとはかダメです!

茶色い炭水化物

死亡率を下げ、数々の病気を予防してくれる。

「全粒粉、大麦、オート麦、ライ麦、キヌア、玄米、雑穀類、蕎麦粉」などが茶色い炭水化物。

玄米を多く食べる人は、食べない人に比べて糖尿病になるリスクが11%低くなる研究結果も出ている。

にっこー
にっこー

そばを食べるとしたら、そばに含まれる蕎麦粉の割合が重要です!

蕎麦粉が全然入っていなかったら、うどんを食べているのとかわりません。

オリーブオイルとナッツ類

脳卒中やがんのリスクを下げる。

オリーブオイルを1日大さじ4杯以上、ナッツ類を週90g以上

摂取することが推奨されている。

全く摂取しない人と比べて、脳卒中、心筋梗塞、乳がんのリスクが低くなることがわかっています。

にっこー
にっこー

地中海料理が健康に良いということがわかっています。

地中海料理には、今紹介した食品が含まれています。

まとめ

本当に健康に良い食品

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」に書いてある本当に健康に良い食品は以下のとおりです。

  1. 野菜と果物
  2. 茶色い炭水化物
  3. オリーブオイルとナッツ類
にっこー
にっこー

今回は「本当に健康に良い食品」を紹介していきました。

健康に良い食事の知れないことを学ぶことができる良い書籍です!

ぜひ読んでみてください!

今日もありがとうございました!

▼ご紹介する書籍「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」

書籍
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント