飲食業界で働く、メリット・デメリット

その他
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

今回は「飲食業界で働く、メリット・デメリット」についてやっていきます。

飲食業界で働くのって、どうなんだろう?

中小企業の飲食で働くのは辛いって聞くけど、ほんと?

という方の参考になります。

にっこー
にっこー

僕が5年間、で働いてきて感じていることを伝えます。

簡単に僕のプロフィール

大学を卒業後、関東にある飲食業界の中小企業に就職。

商品製造をメインに、採用活動や新店舗の立ち上げをしてきました。

5年間、飲食業界で働いています。

飲食業界の現状

  • 人手不足
  • 原材料費の高騰
  • 働き方改革による、中高年と若者のギャップ
  • HACCP導入義務化による混乱 などなど

と明るい話題はないのが現状です。

僕は中小企業に勤めているので、大手企業のことはわかりませんが

大手企業でも抱えている問題に、それほど差はないと思います。

現状このような飲食業界ですが、

僕が働いて感じているメリット・デメリットを伝えていきます。

飲食業界で働く、メリット・デメリット

メリット

  • 体を動かしながら、働くことができる
  • お客様の顔が見える
  • シフト制

デメリット

  • 肉体労働
  • 長時間労働、時間外労働
  • 年間休日が少ない

それぞれ簡単に解説していきます。

メリット

体を動かしながら、働くことができる

力仕事、立ち仕事、駆け足と基本的に体を動かしながら仕事をします。

デスクワークは、シフトを作るなどの時だけです。

働いた!と身をもって感じることができます。

忙しさを楽しめる人は、やりがいを感じることができます。

にっこー
にっこー

今年で29歳になりますが、20代前半くらいに見られます(笑)

仕事仲間も実年齢より見た目が若い人が多いです。

体を動かしているからだと思います!

お客様の顔が見える

自分の仕事がお客様のためになっていることを実感しやすいです。

実際にお客様から直接お褒めの言葉を頂けることもあります。

成果がすぐに見え、やりがいを感じることができます。

にっこー
にっこー

僕がこの仕事をしようと思った理由は、これです。

自分が作ったもので、誰かが喜んでくれるというのは、やりがいを感じることができます。

シフト制

休みが固定ではなく、シフト制のところが多いです。

土日休みではなく、月~金曜日の休みになることが多いですが

平日休みは、どこに行くにも空いています。

平日のテーマパークの空き方に慣れてしまうと、土日に行こうとは思えないでしょう。

にっこー
にっこー

平日休みは、自由度が高いです。

千葉の夢の国とか、待ち時間が土日の半分くらいです(笑)

土日休みに比べて、旅行も安く行けます。

デメリット

肉体労働

基本的に肉体労働です。

8時間立ちっぱなしは当たり前です。残業があればもっと立ちっぱなしです。

若いことはいいですが、歳を取ってくると辛い仕事です。

腰を痛めたり、腱鞘炎になる人も少なくありません。

にっこー
にっこー

僕はまだまだ動けますが、40歳になった時に同じことはできないと感じています。

キャリアアップで現場からデスクワークに代わっていく、企業ならいいですが

そのような実績のない企業は、永遠現場になるかもしれません。

長時間労働、時間外労働

飲食業界がブラックと言われている理由がこれだと思います。

残念ながら事実です。

8時間労働で退社は、なかなか難しいでしょう。

事務作業は、時間外というところも多いです。

これが原因で、退職していく人は多いです。

にっこー
にっこー

飲食業界で働くなら、これは覚悟していった方がいいです。

全ての企業がそれではないと思いますが、そういう企業の方が多いのは間違いないでしょう。

僕の会社は休日に研修ありますし(笑)

年間休日が少ない

飲食店の書き入れ時は、土日祝日です。

一般の方が休みの時に忙しいので、そこで休むのが難しく

年間休日が少なくなっています。

有給消化できている企業もあるのでしょうが、少ないでしょう。

ほとんど企業が有給をほとんど使えてないのではと思います。

にっこー
にっこー

年間休日120日という企業が多いと思います。

年末年始、GW、お盆は休めないことが多いです。

まとめ

飲食業界で働く、メリット・デメリット

メリット

  • 体を動かしながら、働くことができる
  • お客様の顔が見える
  • シフト制

デメリット

  • 肉体労働
  • 長時間労働、時間外労働
  • 年間休日が少ない
にっこー
にっこー

今回は「飲食業界で働く、メリット・デメリット」についてやっていきました。

僕の考えなので、絶対にことだというわけではありません。

もっとホワイトな飲食業界の企業もあるはず…(笑)

今日もありがとうございました!

コメント