投資初心者におすすめ!運用のコツ【ドルコスト平均法】

投資
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

今回は「ドルコスト平均法」についてやっていきます。

投資をするなら一括投資、積立投資どっちがいいの?

投資を始めたいけど、どうやって投資したらいいかわからない。

という方の参考になります。

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは

毎月定額で積立投資し、価格を平準化する方法です。

例えば

「毎月1日に1万円、楽天VTIを購入していく」ということです。

ドルコスト平均法がおすすめな理由を解説していきます。

ドルコスト平均法がおすすめな理由

ドルコスト平均法がおすすめな理由は以下のとおりです。

  • 一括投資は難しい
  • 積立投資でリスクを減らせる
  • 投資タイミングでいちいち悩まなくていい

それぞれ簡単に説明していきます。

一括投資は難しい

一括投資には、ファンドの今後の動向を見極めた購入タイミングが必要です。

たとえば、基準価格10,000円のインデックスファンドを10万円で一括投資したとします。

基準価格が上昇すれば運用益がでるのでいいですが、5,000円まで下落してしまったら、マイナス50%(5万円)の運用損になってしまいます。

株価の値動きを予測するのは、難しいことです。

なので投資初心者には、積立投資がおすすめです。

にっこー
にっこー

普段仕事をしている人が購入タイミングを見極めるのには時間がありません。

それに値動きを完全に予測することはできないので、初心者はリスクを減らせる、積立投資が安心です。

積立投資でリスクを減らせる

積立投資の場合、基準価格が上昇時も下落時も一定額で投資していくことができます。

上昇時に買ってしまっても、下落時に買えば、平均購入価格は引き下げられます。

出典:三井住友DSアセットマネジメント

このように平均購入価格を平準化できます。

また、一括投資より投資額が少ない分、損失も少なくなります。

にっこー
にっこー

積立投資は、10~20年で行うことで、多くの利益を狙う投資方法です。

なので、数カ月の高値買いなど気にしないで、コツコツ積立ていきましょう!

投資タイミングでいちいち悩まなくていい

積立投資は、毎月定額を積立てるので、投資タイミングを考える必要がありません。

証券会社によっては、定期購入の設定ができます。

どこのファンドにいくら購入するかを決めるだけで、毎月銀行口座から積立投資をしてくれます。

にっこー
にっこー

積立投資では、投資タイミングを悩んでもしかたありません。

毎月勝手に積立くれるので、放置でOKです!

まとめ

ドルコスト平均法がおすすめな理由

ドルコスト平均法がおすすめな理由は以下のとおりです。

  • 一括投資は難しい
  • 積立投資でリスクを減らせる
  • 投資タイミングでいちいち悩まなくていい
にっこー
にっこー

今回は「ドルコスト平均法」についてやっていきました。

ドルコスト平均法は、リスクを減らしながら、投資を始めるのに最適な投資方法です。

これから投資を始めたり、興味がある方の参考になったら幸いです。

今日もありがとうございました!

投資
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント