資本金

簿記
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

 

 

今回は「資本金」についてやっていきます!

 

 

今までの学習でも出てくることがありましたが、株式会社設立時にしか出てきませんでした!

 

 

ですが、設立後も株式会社には、株式を発行して資金を調達することが出来ます!

 

 

その時に「資本金」がでてきます!それでは詳しくやっていきましょう!

今日のテーマ

資本金

設立・増資

株式会社は、株式を発行して、資金を会社に提供してもらいます。

会社設立時はもちろん、設立後であっても、発行可能株式総数の範囲内で株式を発行し、

株主(となる人)から資金を調達することができます。

株式を発行して資金を調達したときは、原則として、資本金勘定によって処理します。

にっこー
にっこー

説明だけ読んでいても分かりづらいと思います。

 

 

なので、例題をやっていきましょう!

例題

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

会社設立に際し、株式200株を1株につき@10,000円で発行し、払込金は当座預金とした。

にっこー
にっこー

@というのは「単価」という意味です!

解答・解説

 借方科目金額貸方科目金額
 当座預金2,000,000資本金2,000,000

200株×10,000円=2,000,000円

株式会社は定款(ていかん)で定めた発行可能株式総数の範囲内であれば随時株式を発行することができます(増資・新株式の発行)。

払込金額は原則として全額を資本金とします。

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

新株式50株を1株につき@15,000円で発行し、払込金は当座預金とした。

解答・解説

 借方科目金額貸方科目金額
 当座預金750,000資本金750,000

50株×15,000円=750,000円

にっこー
にっこー

処理の仕方さえ覚えておけば簡単です!

まとめ

資本金の処理

会社設立時はもちろん、設立後であっても、発行可能株式総数の範囲内で株式を発行し、

株主(となる人)から資金を調達することができる。

株式を発行して資金を調達したときは、原則として、資本金勘定によって処理する。

にっこー
にっこー

今回は「資本金」についてやっていきました!

 

 

次回は「租税公課」についてやっていきます!

 

 

次回も一緒に勉強していきましょう!

 

 

「もっと早く学習を進めたい方」、「もっと詳しく勉強したい方」は「クレアール」というところの通信教育がおすすめです!

 

↓のリンクからサイトにいけますので、見てみてください!

 

 

今日もありがとうございました!

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント