貸倒引当金~貸倒引当金の設定(貸倒引当金がない場合)~

簿記
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

にっこー
にっこー

今日は前回の続きで「貸倒引当金」についてやっていきます!

 

にっこー
にっこー

前回は、「貸倒引当金がない場合に貸倒が発生したときの処理」についてやりましたね!

 

 

忘れてしまった人は前回のところに戻って復習してみてください!

 

 

今回は「貸倒引当金を設定するときの処理」についてやっていきます!

今日のテーマ

貸倒引当金の設定(貸倒引当金がない場合)

貸倒引当金の設定

決算日に、売掛金や受取手形がある場合、翌期以降の貸倒れが生じると見込まれる額を、資産のマイナスとして、貸倒引当金勘定として計上します。

相手勘定は貸倒引当金繰入勘定を計上します。

貸倒引当金の額は、過去の貸倒れの実績に基づいて算定します。

 

にっこー
にっこー

「なんだかよくわからないぞ…」ってなっているのではないでしょうか(笑)?

 

 

僕は、この辺りで一回躓きました(笑)

 

 

貸倒引当金繰入って、なんだ??って感じになりました。

にっこー
にっこー

ざっくり言ってしますと、相手からもらえるお金の〇%は返ってこない可能性があるから、もう資産が減少したということにしておこうか…ってことです。

 

 

そこで出てくるのが「貸倒引当金」と「貸倒引当金繰入」です。

 

 

貸倒引当金」は、資産の減少を表す勘定です。評価勘定といいます。

 

 

貸倒引当金繰入」は「費用の発生を表す勘定です。

 

 

資産が減少している理由として、費用の発生を当てているみたいな感じで

す!

にっこー
にっこー

読んでいるだけだと、実際にどうするのかがわからないので、仕訳をしていきましょう!

例題

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

3月31日 本日決算日。売掛金残高1,000,000円に対し、2%の貸倒れを見積もる。なお、貸倒引当金の残高はゼロである。

解答・解説

売掛金は1,000,000円ありますが、そのうち2%が回収不能と見込まれる。

したがって、1,000,000×2%=20,000円が貸倒引当金に計上される。

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

3月31日 本日決算日。期末売上債権残高に対し、3%の貸倒れを見積もる。決算日における受取手形勘定の残高は100,000円、売掛金残高は500,000円であった。なお、貸倒引当金の残高はゼロである。

解答・解説

期末売上債権残高というのは、受取手形と売掛金の合計額のことです。

(100,000+500,000)×3%=18,000円

にっこー
にっこー

上の方の文章は難しいように見えますが、仕訳をしてみると大したことはないですよね!

仕訳自体は凄く簡単なので、問題文をしっかり理解できていれば、難しいことはないと思います!

まとめ

貸倒引当金の設定

決算日に、売掛金や受取手形がある場合、翌期以降の貸倒れが生じると見込まれる額を、資産のマイナスとして、貸倒引当金勘定として計上します。

相手勘定は貸倒引当金繰入勘定を計上します。

にっこー
にっこー

今日は「貸倒引当金の設定」についてやっていきました!

まだまだ貸倒引当金のことが続きますが、次回も一緒に勉強していきましょう!

今日もありがとうございました!

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント