貸倒引当金~その他の論点~

簿記

 

にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

 

 

今日も「貸倒引当金」についてやっていきます!

 

 

今まで「貸倒引当金」についてやってきた内容は↓のものになります。

 

にっこー
にっこー

今日は↑の内容に当てはまらない処理についてやっていきます!

 

 

当期の売上債権が貸倒れになったらとか、貸倒れた債権を回収したらとかです!

 

 

論点は4つです!

 

 

それではやっていきましょう!

今日のテーマ

貸倒引当金~その他の論点~

①当期に生じた売上債権が貸倒れになった場合

当期に生じた売掛金や受取手形は

当期末になるまで貸倒引当金設定対象となっていません。

当期中に貸倒れた場合、貸倒引当金残高があってもこれで処理することはできません。

なので、全額貸倒損失勘定で処理します。

にっこー
にっこー

貸倒引当金は前期に生じた売上債権に対し、設定されています!

 

 

これは慣れないと忘れがちな所だと思います。

 

 

忘れてしまった場合は、前回の内容などを復習してみましょう!

 

 

それでは例題をやっていきましょう!

例題

次の取引を仕訳しなさい。なお当社の会計期間は、4月1日から3月31日までの1年間である。

5月20日 当社から取引を開始したA株式会社に対し、商品100,000円をかけで売り上げた。

7月24日 A株式会社が倒産し、同社に対する売掛金100,000円が貸倒れとなった。なお、貸倒引当金残高は120,000円である。

解答・解説

 借方科目金額貸方科目金額
5月20日売掛金100,000売上100,000
7月24日貸倒損失100,000売掛金100,000

貸倒引当金勘定で対応できるのは、前期以前に生じた受取手形や売掛金に対してであり、当期に新たに生じた売上債権が貸倒れになった場合には、貸倒損失勘定で処理します。

にっこー
にっこー

貸倒引当金残高は使えない問題なのに、問題文に貸倒引当金残高が書いてあることがありますので、引っかからないように気を付けましょう!

②当期に生じた債権を貸倒処理し、その債権を回収した場合

当期に貸倒処理した債権を回収した場合には

「当期中に行っていた貸倒処理」を取り消す処理を行います。

 

にっこー
にっこー

仕訳をやってみると分かりやすいと思いますので

 

 

 

例題をやっていきましょう!

例題

次の取引を仕訳しなさい。なお当社の会計期間は、4月1日から3月31日までの1年間である。

5月20日 商品100,000円を売り上げた。

7月24日 5月20日の生じた売掛金が回収不能となった。

8月21日 7月24日に貸倒処理した売掛金につき、現金で回収することができた。

解答・解説

 借方科目金額貸方科目金額
5月20日売掛金100,000売上100,000
7月24日貸倒損失100,000売掛金100,000
8月21日現金100,000貸倒損失100,000

当期に生じた債権が貸し倒れとなり、さらに後日回収することが出来た場合には、貸倒処理した仕訳の逆仕訳をします。

 

にっこー
にっこー

仕訳はすごく簡単なので、問題ないと思います!

 

 

貸倒処理したものをなかったことにするだけです!

③前期以前に生じた債権を貸倒処理し、その債権を回収した場合

前期以前に生じた債権を当期に貸倒処理し、その債権を当期に回収した場合には、貸倒引当金勘定を増額します。

 

にっこー
にっこー

使ってしまった貸倒引当金を元の額に戻す処理をする感じです!

 

 

実際に仕訳をしてみるのがわかりやすいと思いますので、仕訳をやっていきましょう!

例題

次の取引を仕訳しなさい。なお当社の会計期間は、4月1日から3月31日までの1年間である。

5月20日 前期からの売掛金20,000円が貸倒れとなった。なお、貸倒引当金残高は50,000円である。

5月31日 5月20日に貸倒処理した売掛金につき、現金で回収した。

解答・解説

 借方科目金額貸方科目金額
5月20日貸倒引当金20,000売掛金20,000
5月31日現金20,000貸倒引当金20,000

前期以前に生じた債権を当期に貸倒処理し、その債権を当期に回収した場合には、貸倒引当金勘定を増額します。

④前期以前に貸倒処理した債権を回収した場合

前期以前に貸倒処理した債権を回収した場合には、償却債権取立益勘定で処理します。

 

にっこー
にっこー

長ったらしい勘定がでてきましたね…

 

 

やること自体は簡単なので、実際に仕訳をしていきましょう!

例題

次の取引を仕訳しなさい。

2月21日 前期に貸倒処理していたA株式会社に対する売掛金20,000円につき、本日現金で回収した。

解答・解説

 借方科目金額貸方科目金額
2月21日現金20,000償却債権取立益20,000

前期以前に貸倒処理した時に売掛金を減額しているはずですから、貸方に売掛金勘定を計上することは出来ません。償却債権取立益勘定で処理します。

にっこー
にっこー

やること自体は簡単なので、償却債権取立益勘定のことを忘れていなければ大丈夫です!

まとめ

  1. 当期に生じた売上債権が貸倒れになった場合
  2. 当期に生じた債権を貸倒処理し、その債権を回収した場合
  3. 前期以前に生じた債権を貸倒処理し、その債権を回収した場合
  4. 前期以前に貸倒処理した債権を回収した場合
にっこー
にっこー

この4つの場合があり、それぞれ処理の仕方が違います!

 

 

どのパターンの処理なのかを問題文から読み取っていけるように練習をしていきましょう!

 

 

今回で「貸倒引当金」については最後でした!

 

 

次回は「前払金と前受金」についてやっていきます!

 

 

次回も一緒に勉強していきましょう!

 

 

今日もありがとうございました!

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント