前払金と前受金

簿記
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

 

 

今日は「前払金と前受金」ということでやっていきました!

 

にっこー
にっこー

商品売買の際に、商品の受け渡しの前に予め手付金などを授受する場合があります。

 

 

その時に出てくるのが「前払金と前受金」です!これの処理をやっていきましょう!

今日のテーマ

前払金と前受金

前払金と前受金とは

前払金とは

手付金などを支払った側(前払金勘定で処理する)が、商品を請求できる権利

前受金とは

手付金などを受け取った側(前受金勘定で処理する)が、商品を受け渡す義務

にっこー
にっこー

手付金などを予め受払している場合は、まだ商品の受け渡しが行われていないので、仕入や売上を計上できません。

 

 

なので「前払金と前受金」で処理をします!

にっこー
にっこー

実際に仕訳をしてみた方が内容がつかみやすいと思うので、仕訳をしていきましょう!

例題

次の取引を⑴A株式会社、⑵C株式会社の立場で仕訳しなさい。

2月21日 A株式会社は、C株式会社より商品50,000円を仕入れる契約をし、代金の一部を10,000円を手付金として現金で渡した。

2月28日 A株式会社は、C株式会社より商品を仕入れ、代金のうち10,000円は先に払った手付金で充当し、残高は掛けとした。

解答・解説

A株式会社

 借方科目金額貸方科目金額
2月21日前払金10,000現金10,000
2月28日仕入50,000前払金10,000
   買掛金40,000

C株式会社

 借方科目金額貸方科目金額
2月21日現金10,000前受金10,000
2月28日前受金10,000売上50,000
 売掛金40,000  

2月21日 手付金を支払った場合には前払金を計上し、受け取った場合には前受金を計上する。

2月28日 商品を受け取った場合には、仕入を計上し、前払金勘定を貸方に計上して減額して、代金の残額は買掛金などで処理します。商品を受け渡した場合には、売上を計上し、前受金勘定を借方に計上して減額して、残額は売掛金などで処理します。

にっこー
にっこー

問題文から「これは前払金を使うんだな…」って読み取ることが出来れば、解くのは難しくないです!

 

 

問題になれる為に問題集などを解いてみてください!

まとめ

前払金とは

手付金などを支払った側(前払金勘定で処理する)が、商品を請求できる権利

前受金とは

手付金などを受け取った側(前受金勘定で処理する)が、商品を受け渡す義務

 

にっこー
にっこー

今日は「前払金と前受金」についてやりました!

 

 

次回は「貸付金と借入金」についてやっていきます!

 

 

次回も一緒に勉強していきましょう!

 

 

今日もありがとうございました!

 

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント