返品の処理

簿記
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

 

にっこー
にっこー

今日は「返品の処理」ということで書いていきます!

 

前回は「分記法と三分法」ということで商品の処理方法についてやりました!

 

 

にっこー
にっこー

仕入れた商品や販売した商品に汚れや傷がある場合、返品したり、されたりすることがあります。

 

その場合の処理についてやっていきましょう!

 

今日のテーマ

返品の処理

返品とは

返品とは

販売した商品に販売に耐えない程度の汚れ、傷、品違い等があった場合に、売主に該当商品を返すことをいいます。

返品があった場合

返品があった場合には

原則として売買時の逆の仕訳を行います。

立場に応じた2つのケース

仕入返品(仕入戻し):いったん仕入れたものを返品する

売上返品(売上戻し):いったん売り上げた商品が返品されて戻ってくる

 

にっこー
にっこー

実際に仕訳をやってみましょう!

例題

次の取引をA・Bの立場で仕訳しなさい。

(1)AはBに商品10,000円を販売し、代金のうち7,000円を現金で受け取り、残高を掛けとした。

(2)(1)で販売した商品のうち2,000円について返品された。

解答・解説

Aの立場

指示がなければ代金は全て掛けとしたものから差し引きます。

Bの立場

 まとめ

返品とは

販売した商品に販売に耐えない程度の汚れ、傷、品違い等があった場合に、売主に該当商品を返すことをいいます。

返品があった場合には

原則として売買時の逆の仕訳を行います。

立場に応じた2つのケースがある

仕入返品(仕入戻し):いったん仕入れたものを返品する

売上返品(売上戻し):いったん売り上げた商品が返品されて戻ってくる

 

 

にっこー
にっこー

今日は「返品の処理」ということでやっていきました!

 

次回は「仕入諸掛と売上諸掛」についてやっていきます!

 

次回も一緒に勉強していきましょう!

 

参考になれば嬉しいです^^ありがとうございました!

 

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント