簿記上の現金とは

簿記

おはようございます!にっこーです!

今日は「簿記上の現金とは」ということで書いていきます!

これから各勘定科目について、詳しくやっていきます。

普段の生活では、現金と言ったら通貨のことをイメージと思います。

100円玉とか1万円札とかです。

簿記上では通貨以外のものも現金として処理するのもがあります。

それでは詳しく見ていきましょう!

今日のテーマ

簿記上の現金とは

結論

簿記上「現金」として処理されるものは

  1. 通貨:紙幣および硬貨
  2. 通貨代用証券:いつでも換金可能で、場合によっては支払手段として用いることができるもの

通貨代用証券の例

  • 他人振出小切手
  • 送金小切手
  • 郵便為替証書
  • 振替貯金払出証書
  • 配当金領収書
  • 期限の到来した公社債利札

これらが現金勘定で処理されます。

例題を使って、実際に仕訳をしてみましょう!

例題

例題1

まずは通貨の仕訳をしてみましょう。

次の取引を仕訳しなさい。

ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選び、解答すること。

現金   受取手数料   仕入

(1)受取手数料5,000円を現金で受け取った。

(2)商品5,000円を仕入、代金を現金で支払った。

解答・解説

現金は、増加したら借方に記入し、減少したら貸方に記入

仕訳

例題2

次に他人振出小切手の仕訳をしてみましょう。

次の取引を仕訳しなさい。

ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選び、解答すること。

現金   売上   受取家賃

(1)商品10,000円を販売して、代金は先方振出しの小切手で受け取った。

(2)受取家賃20,000円につき、先方振出しの小切手で受け取った。

解答・解説

当座預金と小切手

当座預金については、また別で解説していきますので、ここでは簡単に触れておきます。

当座預金:小切手や手形の振出を行うことのできる無利息の預金

小切手:当座預金口座から引出を行うために振り出す証券

簡単な図にするとこのようになります。

仕訳

他人振出小切手は、通貨代用証券なので、現金勘定で処理します。

まとめ

簿記上の現金とは

  1. 通貨:紙幣および硬貨
  2. 通貨代用証券:いつでも換金可能で、場合によっては支払手段として用いることができるもの

通貨代用証券には

  • 他人振出小切手
  • 送金小切手
  • 郵便為替証書
  • 振替貯金払出証書
  • 配当金領収書
  • 期限の到来した公社債利札

このようなものがあります。

 

今日は「現金」についてやっていきました!

次回は「現金過不足」についてやっていきます!

次回も一緒に勉強していきましょう!

皆さんの参考になれば嬉しいです^^ありがとうございました!

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント