簿記の種類って、どんなのがあるの?

簿記

どうもー、にっこーです!

今日は「簿記の種類って、どんなのがあるの?」ということで書いていきます!

とは言ってもね、僕は別に専門家とかではないので

僕が勉強した範囲での種類について、書いていきます!

読んでもらえたら良いなと思います!

「簿記って、なんだかわからないよ」って人は

こういう記事も書いてますので、読んでみてください!

今日のテーマ

「簿記の種類って、どんなのがあるの?」ということで書いていきます!

結論

業界による分類

大きくわけると

商品販売業を主に対象とした「商業簿記」と

製造業を主に対象とした「工業簿記」にわけられる!

この2つ以外にも

農業簿記、漁業簿記、銀行簿記など

その業界によって様々な簿記があります!

けれど、一般的な簿記といったら

商業簿記」と「工業簿記」のことを言います!

記帳ルールによる分類

また、記帳のルールでもわけられていて

単純に記録していく「単式簿記」と

左右にわけて記録する「複式簿記」にわけられます!

けれど、使うのは「複式簿記」の方です!

僕が勉強していて、単式簿記は出てきたことがありません!

複式簿記の特徴

  1. 取引を二面的に記録する(複式記入)
  2. ストックとフローの2種類の情報が得られる

まとめ

簿記の種類は、

業界による分類で、大きく分けて

  • 商業簿記
  • 工業簿記

記帳による分類で

  • 単式簿記
  • 複式簿記

にわけることができます!

僕もまだまだ、勉強中ですけど、勉強したことをこうやって書いていきますので

皆さんの参考になれば嬉しいです^^ありがとうございました!

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント