家計の理想的な支出割合は?

家計管理

どうもー、にっこーです!

今日のテーマ

「家計の理想の支出割合は?」ということで書いていきます!

結論

自分の目的によって違います!

そんなわかってる(# ゚Д゚)」ってなっちゃいますので

生活するうえで、どこを重視するかが、重要になってきますので

解説していきます!

解説

  • 理想的な支出割合
  • 衣食住重視な支出割合
  • 貯蓄重視な支出割合
  • 教育費重視な支出割合

例として、この4つのパターンについて解説していきます!

※%で表示していますので、自分の手取り収入だといくらか考えてみてください!

理想的な支出割合

グラフだとこのようになります...(見にくい)

  • 住居費:24%
  • 食費:14%
  • 水道光熱費:7%
  • 通信費:2%
  • 生命保険:5%
  • 生活日用品:2%
  • 交際費:2%
  • 被服費:2%
  • 教育費:5%
  • 小遣い:10%
  • その他(交通費などを含む):10%
  • 預貯金:17%

となります!

可もなく不可もなくといった感じです!

衣食住重視な支出割合

  • 住居費:30%
  • 食費:18%
  • 水道光熱費:7%
  • 通信費:1.5%
  • 生命保険:3%
  • 生活日用品:1.5%
  • 交際費:1%
  • 被服費:5%
  • 教育費:5%
  • 小遣い:10%
  • その他(交通費などを含む):4%
  • 預貯金:14%

理想的な支出割合に比べ、住居費と食費の割合が増え

その分、預貯金などが減っています。

貯蓄重視な支出割合

  • 住居費:20%
  • 食費:11%
  • 水道光熱費:7%
  • 通信費:2%
  • 生命保険:3%
  • 生活日用品:2%
  • 交際費:1%
  • 被服費:2%
  • 教育費:5%
  • 小遣い:8%
  • その他(交通費などを含む):6%
  • 預貯金:33%

預貯金の割合が大幅に増えています!

ほとんどの、他の項目が減ってます。

僕の家計は、この支出割合に近い状態になっています。

すごい節約したり、我慢をしているわけではないのですが

自然とこのような感じになっていました。

教育費重視な支出割合

これは子供がいる世帯向けです。

社会人で自分だけに、教育費をこんなに使う人は少ないと思います

  • 住居費:22%
  • 食費:12%
  • 水道光熱費:7%
  • 通信費:2%
  • 生命保険:5%
  • 生活日用品:2%
  • 交際費:2%
  • 被服費:1%
  • 教育費:17%
  • 小遣い:7%
  • その他(交通費などを含む):6%
  • 預貯金:17%

あなたは、支出割合はどうですか?

この4つのパターンをみて、色々なことを思うと思います。

「自分の家計の支出がわからない…」とか

「こんなにお小遣い減ったら、自由じゃない(# ゚Д゚)」とか

ですが、本気で将来のことを考えるなら

現状分析をしてみてください!

そして自分の目的なあった、家計の支出割合を計算してみましょう!

それができたら、【住居費を下げる為に引っ越す】や【格安SIMに乗り換える】などして

家計の改善をしていきましょう!

まとめ

  • 家計の現状分析をしましょう!
  • 自分の家計にあった支出割合を考えましょう!
  • 家計を改善していきましょう!

参考にならば嬉しいです^^ありがとうございました!

コメント