借方と貸方って、なに?

簿記

おはようございます!にっこーです!

今日は「借方と貸方って、なに?」ということで書いていきます!

簿記の話です!

興味を持ってくれた方に、読んでもらえたら良いなと思います!

「簿記って、なんだかわからないよ」って人は

こういう記事も書いてますので、読んでみてください!

今日のテーマ

借方と貸方って、なに?

結論

簿記では、多くの書類を左右に分けて行います。

左側を「借方」右側を「貸方」と呼びます!

元々は意味があったのですが、現在では単に右左のことを言います。

覚え方

ひらがなで「かり」「かし」と書いたときにハネの向き

かり 「り」の2画目が左に伸びるから「借方は左

かし 「し」が右に伸びるから「貸方は右

まとめ

  • 左側が「借方」
  • 右側が「貸方」

覚え方

「り」の2画目が左に伸びるから「借方は左

「し」が右に伸びるから「貸方は右

僕もまだまだ、勉強中ですけど、勉強したことをこうやって書いていきますので

皆さんの参考になれば嬉しいです^^ありがとうございました!

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント