仕訳をやってみよう!

簿記

おはようございます!にっこーです!

今日は「仕訳をやってみよう!」ということで書いていきます!

前回は「仕訳とは」ということで、仕訳について解説しました!

今日は、実際に例題を使って、仕訳をやってみましょう!

今日のテーマ

仕訳をやってみよう!

例題

例題1

次の取引を仕訳しなさい。

ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選び、解答すること。

現金   資本金

4月1日、現金¥500を出資して、株式会社を設立した。

 

解答・解説

現金は、資産の勘定科目。資本金は、純資産(資本)の勘定科目。

資産の増加は借方、純資産(資本)の増加は貸方に記入します。

例題2

次の取引を仕訳しなさい。

ただし、勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選び、解答すること。

現金   借入金   資本金   車両運搬具

4月7日、現金¥200.000を出して、車両運搬具を購入した。

 

解答・解説

車両運搬具と現金は、資産の勘定科目。

資産の増加は借方、減少は貸方に記入します。

まとめ

どうでしか?

よくわからない…という方は

ここの仕訳のルールを確認しましょう!

仕訳は、これからもいっぱいやることになりますので、頑張りましょう!

 

皆さんの参考になれば嬉しいです^^ありがとうございました!

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント