クレジット売掛金とは

簿記
にっこー
にっこー

おはようございます!にっこーです!

にっこー
にっこー

前回は「仕入諸掛と売上諸掛」についてやっていきました!

仕入諸掛と売上諸掛
にっこーおはようございます!にっこーです! にっこー前回、前々回と「商品売買」のことについてやっていきました!  にっこー今日は「仕入諸掛と売上諸掛」ということ...
にっこー
にっこー

「商品売買」の続きで「クレジット売掛金」についてやっていきます!

今日のテーマ

クレジット売掛金とは

クレジット売掛金とは

クレジット売掛金とは

売上の際、顧客がクレジットカードを用いた場合に生じる売掛金をいいます。

売上から代金回収までの流れ

顧客がクレジット決済を行った場合

代金は顧客からではなくクレジット会社から回収することになります。

①顧客がクレジットカードを利用して商品を購入すると、顧客から直接代金を受け取ることはできませんが、当社からクレジット会社に対する代金請求権が発生します。

②クレジット会社から当社へ、代金から手数料を差し引いた金額が支払われます。

③その後、クレジット会社は顧客から代金を回収することになります。

クレジット会社に対する手数料(支払手数料)を計上する方法

クレジット手数料を代金回収時に計上する方法

クレジット手数料を商品販売時に計上する方法

 

にっこー
にっこー

実際に仕訳をしていきましょう!

例題

例題1

次の取引を仕訳しなさい。なお、クレジット会社に対するクレジット手数料は代金回収時に認識すること。

(1)商品20,000円をクレジット払いの条件で販売した。信販会社に対するクレジット手数料は販売代金の1%である。

(2)信販会社から(1)について、1%の手数料を差し引いた手取額が当座預金口座に入金された。

解答・解説

代金20,000円×1%=200円

にっこー
にっこー

信販会社とは、クレジット会社のことです!

例題2

次の取引を仕訳しなさい。なお、クレジット会社に対するクレジット手数料は販売時に認識すること。

(1)商品20,000円をクレジット払いの条件で販売した。信販会社に対するクレジット手数料は販売代金の1%である。

(2)信販会社から(1)について、1%の手数料を差し引いた手取額が当座預金口座に入金された。

解答・解説

販売時に手数料を認識する場合、クレジット売掛金勘定として計上する金額から差し引きます。

 

まとめ

クレジット売掛金とは

売上の際、顧客がクレジットカードを用いた場合に生じる売掛金をいいます。

売上から代金回収までの流れ

①顧客がクレジットカードを利用して商品を購入すると、顧客から直接代金を受け取ることはできませんが、当社からクレジット会社に対する代金請求権が発生します。

②クレジット会社から当社へ、代金から手数料を差し引いた金額が支払われます。

③その後、クレジット会社は顧客から代金を回収することになります。

クレジット会社に対する手数料(支払手数料)を計上する方法

クレジット手数料を代金回収時に計上する方法

クレジット手数料を商品販売時に計上する方法

 

 

にっこー
にっこー

今日は「クレジット売掛金」ということでやっていきました!

 

次回は「手形」ということでやっていきます!

 

次回も一緒に勉強していきましょう!

 

参考になれば嬉しいです^^今日もありがとうございました!

 

簿記
にっこーをフォローする
スポンサーリンク
NIKKO blog

コメント